オートGP

税金の支払いはお済みですか?

車の所有には色々な税金がかかる

車の所有は社会に大きな影響を与える行為であり、オーナーには色々な税金が課せられています。
これから車買取をしてもらう方にとって重要なのは、毎年支払う義務がある自動車税と、車検毎にまとめて支払う重量税です。
基本的に車の大きさに応じて課税されているので、大型の車種であるほど負担が増加します。

税金ではないものの、車のオーナーに義務づけられている自賠責保険の保険料も、相応の出費となります。

はじめて自分で車を購入する方は、車購入時にだけ課せられる自動車取得税にも注意しましょう。
不動産売買に次ぐ高額の買い物だけに、消費税の上乗せによって予算オーバーになってしまうケースもよく見られます。

これまで乗ってきた愛車を中古車査定に出している時点で、次の車の選定も同時に進めるのが賢い買い替え。
より良い車を入手する為にも、車に関わる税金を一通りリストアップしておくことをお勧めします。

自分が支払う車の税金をきちんと理解してこそ、愛車の買い替えという一大イベントを無事に成功させられるのです。

車の納税証明書は大切に保管

車を購入する時の各種税金は、お店のスタッフが手続きをしてくれるので、請求書の明細を確認してから一緒に支払うだけです。
しかし、車のオーナーになってからは、官公庁から郵送で届く請求書により、自分自身で支払うことになります。
指定された期限までに納付しないと、延滞金が課せられる上に、悪質な場合は財産の差し押さえとなるので注意しましょう。

税金は、国に納付する国税と、住所がある都道府県に納付する地方税のどちらかです。
いずれにせよ、官公庁へ登録している車両情報に基づいて請求されるから、自宅に届いた請求書に従って支払うだけで済みますよ。

金融機関の窓口などで車の税金を支払うと、その時点で受領書に受領印を押してもらえます。

受領印が押された受領書が納税証明書であり、車買取において提出する書類の1つとなります。
紛失してしまうと、所定の手続きによって再発行してもらう必要があるので、かなり時間がかかってしまうのです。

特に、毎年課税される自動車税については、早めに納付して、その納税証明書を大切に保管しておくことが鉄則!


Top