オートGP

最終的なお店の決定と買取手続き

車買取してもらうお店が決まったら

大切な愛車を引き取ってもらうお店を決めたら、いよいよ車買取です。
中古車査定を受けただけでは最終的な決定にはならないので、まず電話連絡などで担当の営業マンにハッキリと自分の意思を伝えましょう。

ちなみに、中古車査定の後には、その車買取のお店から連絡がくる可能性がありますよ。
営業マンとしては、車買取まで成約しないと売上にならないから、電話をかけてアピール。

通常は、中古車査定を行って、買取価格を通達するだけですが、意思確認をせずにそのまま車買取の手続きまで進めていく場合もあります。
黙っていると合意したことになる為、その場ですぐに保留しなければいけません。

この中古車査定を受けた直後は、営業マンにとって一番狙いやすいタイミングなので、強引な営業トークを使ってくる恐れが高いです。
気が弱い方や、はじめて車買取をされる方は、特に注意しましょう。

車買取をしてもらうお店の決定は、1つの中古車査定だけで済ませることは少なく、複数の買取価格を比較してからの方が賢明!

買取手続きには色々な書類が必要

最終的な車買取のお店が決まって、担当の営業マンへ連絡したら、具体的な買取手続きが始まります。
営業マンから口頭で説明があるので、指示通りに必要な書類等を揃えておきましょう。

官公庁に登録している車両情報の変更手続きもしなければいけないので、車検証などの重要書類は、車の引き渡し時までに用意。

車買取を希望した時点で、実際に営業マンに愛車を見てもらっているので、その時から大きく状況が変わらない限り、正式な見積もりが有効です。
しかし、納税証明書が不足しているといったトラブルがおきたら、車の引き渡し時期がズレるなどの理由で、買取価格が変更されるケースもあります。

せっかく中古車査定の交渉で頑張ったのに、書類手続きで失敗して減額されたら元も子もないので、車買取に必要な書類は早めに確認しておくことをお勧めします。

オーナーに関係があるのは、原則的に車買取のお店への車の引き渡しまで。
約束した期日までに、双方が合意した買取価格の分が振り込まれれば、全て完了です。


Top