オートGP

余裕があると冷静に判断できる

余裕がないと態度に出てしまう

ビジネスにおいては、常に自分の利益を考えながら取引を行います。
仕入れコストを下げられれば、それだけで利益が増えるとあって、車買取のお店も奮闘中。

原則的にはオーナーに満足してもらえる中古車査定を目指しているのですが、まったく車買取の相場を知らない場合は、多少低い買取価格を提示してくる可能性もあります。

車買取は、当事者同士が合意すれば成立する取引であって、相場より安く買い取ったからといって詐欺にはなりません。
買い叩かれない為にも、事前に愛車の買取相場を把握しておくことには、大きな意味があるのです。

愛車のだいたいの買取価格を知っていれば、中古車査定でも余裕を持って応対できます。
車買取のスタッフとしても、これはできるだけ頑張らないと納得してもらえないなと高額査定に踏み切ってくれるかもしれませんね。

余裕がないと態度に出てしまうので、中古車査定を依頼する時には気をつけましょう。
車買取では、自分がオーナーという決定権を持つ立場であることを忘れずに!

できるだけ考える時間を作っておく

買取相場の理解と同じぐらい重要なのが、できるだけ考える時間を作っておくこと。

オーナーに考える時間があるほど、他のお店でも中古車査定を受けられます。
となれば、より高額査定を出したお店に移ってしまう可能性があり、同業他社に見せられないような見積書を作りにくくなってしまうのです。

逆に、すぐに車買取をしてもらいたいオーナーに対しては、その場で買い取る代わりに強気の買取価格を提示してくるでしょう。

車買取の初心者であっても、自分が考えられるだけの時間を作っておく対策はすぐに実行できます。
1人でお店に行くのが不安ならば、車に詳しい家族や友人に同行してもらう方法もありますよ。

愛車の買い替えを意識し始めたら、早めに車買取の段取りを考えておくのが重要なポイント!

洗車しておくだけでスタッフの心証が良くなりますし、色々な車買取のお店で中古車査定を受けられます。
お店に提出する関連書類の準備もあるので、愛車の車内の点検と荷物降ろしもついでに行っておきましょう。


Top