*

ペットを連れたドライブの注意点

同乗しているペットの消耗にも注意

家族の一員であるペットをドライブに連れていきたいニーズは大きく、愛車に同乗させる方が多く見られます。
車内における便利なペット用品としては、カーショップよりもペットショップ、ペット用品の通販サイトの方が充実していますよ。
けれども、ドライブ中の安全性については、各商品によって違ってくるので、説明事項をよく読んだ上で正しく使用しましょう。

車は人間用に設計されており、ペットにとっては負担が大きくなってしまいます。
そのため、一定時間毎に外に出して休ませつつ、あまり長時間乗せないスケジュールにするべきです。
ペットが安心できるように、普段使っているタオル等を入れたボックスを居場所にしてやるのも有効。

犬は窓を開けてやると喜びますが、頭を出している状態では対向車などとぶつかる恐れがあります。
加えて、立ち上がった状態では不安定なので、急停車で怪我をしてしまうケースも。

ペットができるだけ安全な姿勢をキープできるようなポジションにして、トラブルを予防!

混雑時期の移動ではペットホテルも検討

お盆などの混雑時期では、高速道路も5km以上の渋滞になります。
交通量が少ない時間帯に通過するのも良いのですが、基本的にはペットは専用の施設に預けておくことをお勧めします。
なぜなら、ペットにとって長時間の休みなしのドライブは過酷であり、数日程度ならペットホテルに泊まらせた方が安全だからです。

日本の長期休暇は、多くの業種で同時に休みになる為、ペットホテルの予約も早めに済ませておく必要があります。
飼育が難しいペットは断られる場合もあるので、余裕があるうちに問い合わせておきましょう。

ペットホテルは、主にペットショップのサービスとなっていて、最低限のお世話として餌やりと簡単な散歩を行ってくれます。
原則的にケージの中で預かる仕組みなので、普段からケージに慣れさせておくのも良いでしょう。
また、多くのペットと同じ空間になるから、他のペットに慣れている方が安心して預けられます。

もっと丁寧に扱うペットホテルもありますが、設備と人件費の分だけ割高になります。


いち押し

スバット車買取

オススメ度
★★★★★
車買取業者171社(2015年10月1日現在)
一括査定数最大10社
特   長入力1分でカンタン査定依頼!
株式会社ウェブクルーが蓄積する大量の中古車売買データを、車のプロが独自の視点で分析。
車買取相場や高額査定の秘訣、愛車の売却体験談に加え、旬のニュースやお役立ち情報が満載!愛車を高く売りたい人は必見の一括査定依頼サイト!
※累計利用者数は100万人以上!

 

Top